平成19年2月15日
<氏名・住所>の発言についてです。
あなたのあの差し出た書き込みにはほとほと空いた口がふさがらない。
あなたがストファにこの件で書き込めば書き込むほど、こっちは逆上するだけですわ。
自分でも老婆心と書いてるが、性分なんだろうね。
あれは治らんわ。
心配してくださっているのはありがたいのですがね。
あれだけ細かいことを言うご常連がいるのはストファぐらいかもね。
HさんもYさんもそんな細かいこと気にしないでしょ。
NさまだってYさんのところにお孫さんの写真投稿していたでしょ。またTJさんはお孫さんのお写真をご自身のHPで公開していらっしゃいます。
私は何故親族の写真を投稿してはいけないのかがよくわからないのですよ。第一名前も出していない、写真だけですよ。肖像権に抵触するからというのならまだわかりますが・・・。
大体もし悪い奴がいて何かしようとたくらんだとして、仮に住んでいる地域までわかったとしても町名や所番地までわかるとは思えないし、第一嫁に行って姓が変わっているんだから、なおさら私の親族であることはわからないと思うんだけどなあ。
↑のように露骨にBBSに書き込めばさすがにわかってしまうでしょうがね。

2月18日(日)8時41分
「HN」こと<氏名>といいます。
<住所>在住です。
◆会の会友で毎年◆展に出品しています。
画像投稿にウルサイ、ストファの住人です。
よろしくお願いします。

2月18日(日)17時6分
「HN」こと本名<氏名>といいます。
◆会に所属し(現在会友)、◆展に毎年出品しています。
<住所>在住。
生まれは丙午の女子。もち独身です。
画像投稿にウルサイ、ストファの住人です。
よろしくお願いします。

2月19日(月)10時53分
Hさん、はじめまして。
素晴らしいHPに惹かれて書き込ませていただきます。
「HN」こと本名<氏名>といいます。
丙午女子。○歳独身です。<住所>在住です。
◆会に所属し(現在会友)、毎年◆展に出品しています。
画像投稿にはことのほかウルサイ、ストファの住人です。
よろしくお願いします。

2月20日(火) 11時8分
はじめまして。<HN>といいます。<住所>在住の丙午女子です。よろしくお願いします。画像投稿にうるさいストファの住人です。

2月20日(火) 11時16分
「HN」こと本名<氏名>といいます。よろしくお願いします。

2月20日(火) 11時18分
<住所>在住の「HN」こと<氏名>といいます。よろしくお願いします。

2月20日(火) 11時20分
<住所>在住の「HN」こと<氏名>といいます。お能が得意です。○歳女性独身です。

2月20日(火) 11時25分
「HN」こと<氏名>といいます。<住所>が住所です。○歳女性独身です。よろしくお願いします。

2月20日(火) 11時46分
<住所>在住の○歳女性独身です。よろしくお願いします。

2月20日(火) 12時9分
「HN」こと<氏名>といいます。<住所>です。○歳女性独身です。よろしくお願いします。

2月20日(火) 12時13分
こんにちは。「HN」こと本名<氏名>です。<住所>在住です。○歳女性独身です。よろしくお願いします。

3月4日(日)11時46分
Mさんは写真にかけては結構ウルサイ方のようですね。Mさまは時間をかけて手間をかけて画像を作る。Tさんはパチリとやりたいだけ。その違いではないでしょうか。
Mさまが画像の質にこだわるごとく、Tさんは蒔絵、漆については人後に落ちない努力をされて時間をかけていらっしゃる。人それぞれ得手不得手な分野があってよいのではないでしょうか。お互いの得意とすることを認め合う。それが円滑なネット上の関係につながると思います。
MさまはTさんの作品を酷評されたようですが、それは蒔絵をやっているTさんにとっては耐えられないことです。一年半もかけて作った力作。Mさまが写真に時間をかけるのと同じような努力をしてらっしゃるじゃありませんか。作品の写真というのは前にTさんに聞きましたが本当に難しいのですよ。プロが撮る場合も何百枚と撮っていいのを選んでいるようです。しかしそんな写真でも実物にはかなわない。作品写真はどんなに綺麗に撮っても所詮写真は写真なのです。Tさんのパチリ、でよいという考えを写真のプロであるMさまはゆるせないのでしょうか。
また姪御さんがかわいいからレスしようと思ったとのことですが、拝見する限り、そんなレスをした形跡はありません。不言実行ではなくて有言不実行ですか。
とにかく相手の悪い点ばかり指摘していてはうまくいくはずはありませんよ。MさまはTさんのお父様くらいのお年のはずです。もっとよい点をほめ、姪御さんの写真にレスしたいとおっしゃったんなら意地にならずに(すみません言葉が悪くて)気楽にレスしてあげたらどうですか。
とりあえずここまででひと休みします。私も家事があるので。何かあればまた書かせていただきます。メールがわからないのでやむをえず、掲示板を騒がせまして皆様済みませんでした。
続きです(余談ですが)。
作品の写真の投稿は専門のサイトにということでしたが、蒔絵師さんなど漆芸家のサイトは画像掲示板がなかったり(掲示板自体がないサイトも多いそうですよ)、あっても蒔絵師さんも仕事仕事で十分にレスしている暇がない。画像掲示板のある専門家のサイトは一つか二つくらいしか知らない。それも管理人が気難しすぎるかあるいは逆に淡白すぎてデザインとか技術とかに関したピントの合ったアドバイスはなかなか受けられない場合が多いと聞いたことがありますよ。
それならばいっそのこと、一般の美術愛好家に見てもらい単純な感想でいいからコメントが欲しいというのがTさんの心情だと聞いたことがあります(以上Tさんから聞いた話です。細かいところは違うかも知れません)。

<お詫び>
私が姪の写真をストファに投稿したことがありました。その際、・様から「Tさまはご本名でサイトを公開しているのだから、姪御ちゃんに何かあっても困る。大丈夫ですか?」と書き込みがありました。その際は忠告にしたがい、姪の写真を削除しましたが、・さまのご指摘は、ありがたいことではありますが、「」に住んでいるという情報だけで詳しい住所もわからず、私とは姓も違う姪を誰かが見つけ出し、たとえば誘拐したりといった可能性はほとんどないと思いました。S.ファロウでは写真を削除しましたが、YさんやPさん、Hさんのサイトでは姪の写真をかまわず公開しておりました。S.ファロウでは、以前に鴨居玲という画家の絵を私が投稿したところ、「著作権に違反するし管理者であるたまこさまも咎めを受けることになる」との指摘を受けたこともあって、HさんやYさんのところでは平気で投稿しているような画像も、ストファに投稿する際には慎重にならざるを得ないという雰囲気がありました。
ストファは家族的な心休まるサイトでしたが、一つ意見が出ると疑問や反論が出しにくい雰囲気が私にとってはありました。
「いや、姪の写真を貼っても大丈夫だと私は思いますよ」とひとこと言えばよかったのでしょうが、それが言いにくい雰囲気がありました。
それで私が・様のお節介を根に持って、・様のご本名や、住所などを「画像投稿にウルサイ、ストファの住人です」と皮肉を込めたコメントと一緒に、YさんやHさん(留守中)の掲示板に複数回にわたり投稿したのです。
ただ、この件だけが原因でこんな行動を取ったのではないと思います。それまでにも何度か・さまに「論破」されて意見を引っ込めざるを得ないようなことが何度かあったように記憶しています。そういうことも鬱積していたのかも知れません。
・様のご本名やご住所は、3年前に東京での「◆展」の招待券を送ってくださったことがあり、その頃から存じあげてはいました。
また、・様のお名前を騙って、自分を擁護するような投稿をしたこともありました。このため、一時非難の目が・様に向くという結果になってしまったことは本当に申し訳なく思っています。
今回のイタズラ書き込みについては、YさんやHさんに対しては不満などひとかけらもなかったのですが、不満の吐け口の場としてお二人の掲示板を利用してしまいました。Mさん、Hさんなどからご指摘を受け思い至りましたが、不満をもし書くとしても、自分の掲示板に書けば済むことで、お二人には大変なご迷惑をおかけいたしました。
また、・様の名を騙った件ですが、これも・様に対しては不満など全くなく、かえって普段から親しくさせていただいており、好意的な横レスなどもよくしてくださっていたため、・様ならば許されるだろうという甘い考えがありました。
今回の件で、2年来、3年来のネットの友人の信用を失ってしまい、その方々のサイトやブログなどへの出入りができなくなり、自分でも呆然として後悔の念に駆られています。
私の名前をどこかで目にするだけで、トラウマに苛まれる方もいらっしゃるでしょう。それほどまでに大きなご迷惑をかけたということだと思っております。また、これは立派な「犯罪」であることも複数の方からご指摘を受け、ことの重大さに責め苛まれております。
あらためて、深く反省し、ここに書きました四人の方を始めとしたご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます。
本来ならば、サイト閉鎖やネット活動の一切を自粛すべきほどのことをしてしまった訳ですが、小生は今、昨年春に入院した病気のために自宅療養中で、インターネットが生活のかなりの部分を占めております。詳細は省略いたしますが、一時期は不可解な症状に悩まされ、結局昨年は一度も北陸三県から出ることができませんでした。歩いていけないところへは常時タクシーで行っていた時期もあります。そのような状態だったのが、この2月に約1年半ぶりに上京し、輪島へも自分の車で行ったりして、ようやく社会復帰への自信のようなものが出てきたところです。しかしまだまだ復職までには時間がかかるようです。ご迷惑をおかけした方々のところへの出入りは当然のことながら控えますが、大変勝手な言い分ではありますが、今回の件とは直接関係のない方々のサイトへの出入りは、ご許可いただきたいと思います。

Back